ZEHを取り入れた住宅メーカーに依頼しよう

つみ木

戸建て住宅に住むなら

一軒家

全国的にマイホームとしてマンションが人気を見せていますが、鎌倉市では一戸建てを望む方が多くなっています。鎌倉市には最新の設備を整えたマンションも多数ある中で一戸建てが人気なのは、土地の資産価値によるものです。建物の資産価値は築年数が25年ほどで価値がまったくのゼロとなってしまう場合がほとんどです。しかしこうした建物とは違い土地の場合は資産価値が下がることはなく購入した時の価値をほぼ一定に保ち続けることが出来ます。そのため築年数が25年以上経ち建物価値がなくなっても、土地の分の資産価値は残るため、マイホーム自体の資産価値を失うことなく持ち続けられます。そして、この土地の資産価値の他にも建物が独立しているというのも鎌倉市で一戸建てが注目されている理由です。最新のマンションは気密性に優れているだけでなく、防音性にも優れていますが、上下左右の世帯と壁や床、天井を挟み接しているので、大きな声や子供の走り回る音などは響いてしまいます。ですが一戸建ては建物が独立しているのでこうした音の悩みを抱えることなく毎日を過ごすことが出来ます。笑い声も抑える必要なく家族で楽しい時間を過ごせますし、子供が二階で走り回ったり飛び跳ねたりしても他人に迷惑をかけることはないので、マンションでの子育てよりものびのびとした子育てをすることが出来ます。一戸建てにはこのような利点があり、鎌倉市では一戸建てが人気で、購入者の数は右肩上がりとなっています。