ZEHを取り入れた住宅メーカーに依頼しよう

つみ木

地震対策は日進月歩

部屋

専門家に相談しましょう

地震大国と言われる日本では、耐震性能の問題は避けて通ることはできません。ハウスメーカーや建材メーカーによる地震対策も日進月歩です。様々な耐震の取り組みを理解し、家作りに生かしましょう。地震に強い家を作るには地盤が良いことが重要です。いくら基礎を丈夫にしても地盤が良くなければ家が傾いたり、地盤が沈下するなどのトラブルが発生します。古い地図で昔の状況を調べたり、地盤調査を行い確認しましょう。家や沼の埋め立て地など条件が悪い場合は検討が必要です。悪い地盤でも地盤の改良を行うことで大丈夫な場合もありますので、専門家に相談することをおすすめします。建物には様々な工法があり、一般的な木造では在来工法と2×4工法が代表的です。在来工法は木造軸組工法ともいい、柱と梁で骨組を作り、筋交いで耐震性を確保し地震に強い家を作ります。2×4工法は壁などの面で耐震性を高めます。どちらも金物で補強することでより地震に強い家になります。他には鉄骨を骨組に使った鉄骨造、鉄筋とコンクリートで作るRC造があります。鉄骨は地震時に揺れることで地震の力を分散させます。RC造は鉄筋の引っ張る力に強い所と、コンクリートの圧縮に強い所を組み合わせた工法です。どちらも木造に比べてコストがかかりますが、鉄骨では空間が広く取れ、RCは耐火性にも優れているという利点があります。どんなに素晴らしい建物でも、構造がしっかりしていなければ地震に強い家とは言えません。地震に耐えられる基準を満たしているかを、構造計算によって証明することが大切です。