ZEHを取り入れた住宅メーカーに依頼しよう

レディ

マイホームは注文住宅で

埼玉では夢のマイホームを建てる際に注文住宅を選択する人が多いですが、その際に確認してほしいことがあります。色々な情報に振り回されずに、理想としている家づくりの方向性をしっかりと追い求めていくことです。

地震対策は日進月歩

部屋

地震に強い家を建てるためには、まず地盤調査をして地盤がしっかりしているかチェックしてみましょう。また木造軸組工法を用いることで耐震性を向上させることができます。さらにRC造は木造よりコストこそかかりますが、耐震性に加え耐火性もあります。

戸建て住宅に住むなら

一軒家

鎌倉は全国的な傾向とは異なり、マンションよりも一戸建てが人気となっています。その理由は建物の価値は下がる可能性がありますが、土地は資産活用できるからです。土地は建物と違い価値が下がることはまずないので長く資産価値を持ち続けられます。そして、一戸建ては建物が独立しているため音に対して気遣いなく暮らせます。

エネルギーを創る家作り

住宅

省エネで収入につながる家

現在、多くの工務店や住宅メーカーが取り入れているZEHはご存知でしょうか。リアルゼロエネルギー住宅と呼ばれ、住宅が自らエネルギーを供給する新しい家の在り方です。家の断熱性や気密性を保ちながら、太陽光発電システム等でエネルギーを創るという家を指します。そのため、家庭でかかっている光熱費を実質ゼロに近づける家になります。マイホームの相談を住宅メーカー等でする人は、このZEHを取り入れる人が増えています。なぜなら、省エネに近づける事で快適な暮らしを実現できるからです。また、冬は暖かく、夏は涼しい室内であれば冷暖房の使用を抑えられます。そして、太陽光発電システム等を導入することでエネルギーを創る事ができます。このように、環境を守る事に配慮されたエコな住宅は、将来の家作りの基準になるでしょう。住宅メーカーでも、ZEH仕様の家作りをすすめています。断熱材も従来のものより厚みを出す為、高断熱につながります。また太陽光発電システムの導入で、家自体がエネルギーを供給できるので発電した分を使ったり売電できます。消費する電力の支出と、供給できる電力の収入が同じくらいになる事をZEHの家は可能にします。また、国もZEHの標準化を推し進める動きが強まっています。限定的ですが、新築の家でZEH仕様にすると補助金も支給されます。住宅メーカーも積極的にリアルゼロエネルギーハウスのメリットを伝えています。今から新築を建てる人は、ZEHを取り入れる事でより快適な過ごしやすい家を手に入れられるでしょう。